2014ドゥエ・ラ・フォンテーヌ アート・フローラル国際コンクール

2014年度テーマ 「バラとルネサンス」
会期 2014年7月7日〜7月10日

フランス国際コンクールにはフラワーアートアワード2014in Tokyo Midtown(第15回「アート・フローラル国際コンクール」日本代表選会)グランプリ(エールフランス賞,フランス大使館賞)、の2賞を獲得した野崎晶弘氏率いる日本代表チームが参加しました。

日本代表チームメンバー
野崎晶弘(NOZAKI AKIHIRO)
池上葉月(IKEGAMI HAZUKI)
立山絹代(TATEYAMA KINUYO)
細野里香(HOSONO RIKA)

 
日本チームが1位

フランス有数のバラの生産地 、ドウエ・ラ・フォンテーヌ の名所 である巨大洞窟に設置された高さ7メートルを超える展示空間に、バラ1000本を使用したスケールの大きなフラワーアートを創作 する「アート・フローラル国際コンクール」は、花活けの技術に加え、作品を支える“器”となる大きな構造のデザイン・構築能力、照明プロデ ュースやテーマ のアレンジ力まで出場者の多彩な技量が求められるハイレベルのアートコンペです。 2014年のテーマ テーマは「バラとルネッサンス」。コンペには、スペイン、イタリア、 ドイ ツなど8か国の代表チームが出場し、結果 、「レオナルド・ダビンチ の筆」のタイトルで、深紅のバラでキャンバスに筆で描かれる色彩とその渾身の一筆が未来をやがて変える技術革新に繋がるという“瞬間と永遠”の希望のストーリーを表現した野崎晶弘氏(フラワーアートアワード2014inTokyoMidtownチャンピオン)率いる日本代表チームが見事世界グランプリを獲得しました。表彰式にはパリを拠点に活躍する女優、武田絵利子さんが本年度のドウエ・ラ・フォンテーヌ“バラ大使”としてイベントにゲスト出席し、集まった多くの観衆と共に日本の優秀な花作家の素晴らしい作品と活躍を讃えていました。.

参加各国作品

2位ベルギー

2位 ベルギー

2位ベルギー

3位 ラトビア

3位ラトビア

4位 イタリア

4位イタリア

5位 スペイン」

5位スペイン
6位ドイツ
7位ルーマニア
8位オランダ

 

2位ベルギー

3位 ラトビア

5位 スペイン」

日本チームの記録

野崎昌宏

立山絹代

池上葉月

細野里香

  •